こんな時は精神科に相談を|うつの症状が悪化する前に【細かい判断ができなる】

うつの症状が悪化する前に【細かい判断ができなる】

サイトメニュー

こんな時は精神科に相談を

男性

保険治療も可能

うつ病については大まかなイメージを持っていても、具体的な症状を詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。一口にうつ病といっても、症状の現れ方には個人差があり、場合によっては心よりも体の不調となって現れることもあります。一般に軽度の場合には倦怠感や不安、集中力や性欲の低下が見られ、病気が進むと不眠や便秘、体重の極端な増減などが現れます。この段階で精神科や心療内科の診察を受ければ、比較的簡単に治療することも可能です。さらに症状が進行すると何をする気力もなくなり、生きているのが嫌になったり、常識から外れたことを考えたりするようになります。重症の場合は治療にも時間がかかるため、できるだけ早期に診察を受けることが大切です。うつ病と診断されたら、現在では薬で治療するのが主流になっています。精神的な薬物は依存性や副作用が心配だという方も多いでしょうが、医師の管理下で適切に使用すれば、効果的に症状を改善することができます。ただしうつ病は再発しやすく、薬を飲んだり飲まなかったりすると安定しなくなるため、医師の指示を守って最後まできっちりと服薬する必要があります。このほかカウンセリングなどの心理的な治療を併用する場合もあります。うつ病の治療には基本的に健康保険が利くため、普通の人であれば窓口では3割負担になり、治療費を軽減することができます。また保険適用ではない最先端の治療法を取り入れているクリニックもあります。そういったクリニックでも、治療費の比較的安いところがあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。いくら3割負担といっても、うつ病の症状は長引くことが多く、長期になれば経済的な負担は大きくなります。いつ完治するか明確ではないことも、患者の不安感に繋がります。また症状が重いと会社を休まざるを得なくなり、収入面での不安も出てくるでしょう。そういった場合に利用できるのが、自立支援医療制度です。長期の治療が必要であると医師に認定された精神疾患の患者は、市町村の窓口に申請すれば、治療費を1割負担に抑えることができます。さらに所得に応じて1か月あたりの治療費の上限が設定されており、たとえば生活保護受給世帯では実質ゼロ円で治療が受けられます。うつ病は放置しておくと悪化していくので、少しでも異変を感じたら気軽に受診することをお勧めします。上記のような公的支援制度を上手に利用すれば、経済的な不安を解消して治療に専念することができるでしょう。